駐車場へのアクセスは信頼できるデータに依存(米国)

プロジェクト課題

駐車場と区画のセキュリティゲートは、許可された人への入場を一貫して提供し、逆に許可されていない人からのアクセスを禁止させる必要があります。今回ご紹介する米国の某OEMメーカーのお客様は、主要なホテルチェーン、空港、商業駐車場施設で使用されるセキュリティゲートシステムを提供しています。電子コントローラがゲートを操作し、リモート監視を可能にします。コントローラはRS-485接続を介してマスターコントロールルームに接続され、場合によっては、システムはIPアドレスを指定され、世界中で監視できる SCADA システムへ送信されます。これらのシステム接続は、通常はオープンスペース全体で数百フィート実行できます。

しかし、RS-485 通信は照明サージの影響を受けやすいため、お客様側にとっては深刻な問題となっていました。近くで落雷があった場合、システムが停止し、ゲートがロックされる可能性があります。また、施設へのアクセスを許可したり、妨げたりするシステムでは、ダウンタイムは許されません。お客様は、システムに十分な産業レベルのデータラインサージ抑制機能が含まれていないことを懸念しており、アプリケーションに必要な適切な機器をどのように選択すればよいのか分からない課題に直面しておりました。

ソリューション

この問題を解決するために、この顧客はアドバンテックの専門家に相談しました。フィールドアプリケーションエンジニアが顧客の現場を訪問し、サージ保護のオプションについて説明しました。FAEは、お客様のアプリケーションが最大の安全性を確保するため頑丈な3段階サージ保護の恩恵を受けられると判断しました。推奨モデル『BB-422HESP』は、①-ガス放電管、②-直列抵抗、そして③-対応されている各データラインの過渡電圧サプレッサー(TVS)で保護します。 BB-422HESPは、保護対象となる機器の近くに設置されました。

アドバンテックが選ばれた理由

今回設置した『BB-422HESP』は、顧客側が求めていたコストパフォーマンスの高いソリューションの役割をしっかりと果たしました。アドバンテックのテクニカルサポートは常に無料です。電話やメールで十分な場合もあれば、現場訪問が必要な場合もあります。アドバンテックのエンジニアリングリソースは、お客様がどこにいても質問に答え、ソリューションを開発することができます。また、アドバンテック製品は米国内でも製造しているため、製品は在庫があり、即納可能な対応が取れました。

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です