アドバンテックによる医薬品のスマート製造機器および機械のためのソリューション(中国)

イントロダクション

製薬業界は、安全要件を満たし、製品の品質を向上させ、製造プロセスにおけるヒューマンエラーと混乱を最小限に抑えるために、インテリジェントオートメーションにますます依存しています。医薬品検査機器には、最高レベルの精度、正確性、一貫性、安定性が必要です。 システムは画像を取得し、データ処理と画像分析を実装します。

Chutian Technology Company 社は、中国有数の製薬機器開発企業です。 湖南省を拠点とする同社は、アドバンテックを含む主要なオートメーションエキスパートと緊密に連携して、品質が保証された製品を提供することにより、垂直市場の需要を満たす高度なインテリジェントオートメーションソリューションを構築しています。

この相互のパートナーシップの例として、Chutian社による製薬会社の生産ラインで使用されるインテリジェントな監視および制御機器の生産が1つ挙げられます。 この機器は、アドバンテックの高性能産業用コントローラとパネルPCを統合して、卓越した産業技術を実現しています。

プロジェクトの要件

医薬品検査機器には、最高レベルの精度、正確性、一貫性、安定性が必要です。 システムは画像を取得し、データ処理と画像分析を実装します。 高い計算能力により、システムは一定の期間内にさらに多くの画像を処理および分析できます。 高速で正確かつ高品質の検査を実現するには、コンピューティング能力(グラフィックス処理能力を含む)がシステム内の産業用コンピュータの最も重要な要件です。

さらに、危険な環境での操作に耐え、厳格な衛生基準を維持するために、システムは、消毒剤、高圧/高温度のオイルまたはエマルジョン(乳濁液)、さらには酸やアルカリを使用した定期的な洗浄を容易にするために、完全IP66規格の保護を備えている必要があります。

Chutian 社はまた、医薬品検査装置を簡単に取り付けたり取り外したりでき、衛生上の問題が発生する可能性のある角やエッジを回避できるよう、コンパクトでシンプルな機械設計を重視しています。

ソリューション

製薬業界向けの同社のインテリジェントな検査システムは、以下のクライアント/サーバアーキテクチャに基づいています︓

ドバンテックのSPC-815W産業用パネルPCはサーバとして機能し、欠陥検出専用のさまざまなワークステーションでいくつかのACP-4340産業用コントローラ(クライアント)に接続されます。

各ワークステーションの産業用コントローラは、PCIベースのインターフェースを介してPLCに接続し、自動モーション制御を可能にします。USBカードまたはPCIe標準のPoEインターフェースを介してカメラに接続し、画像を取得、処理、および分析し、結果をSPC-815Wにアップロードして、統合された分析とストレージを実現します。

産業用パネルPCは、処理されたデータを可視化して表示するだけでなく、バックエンドコンピュータが提供するアルゴリズムを実行し、コントローラやPLCにフィードバックを提供します。 したがって、SPC-815Wはシステムのすべての部分に接続して通信し、産業用IoTに必要なモーションおよびビジョン制御アプリケーションを容易にします。さらに、SPC-815Wは完全IP66規格の保護を備え、アームへの取り付けに対応しているため、製造機械に直接展開できます。 これにより、装置全体の設置面積が削減され、設置が容易になります。PCコントローラは、カメラから取得した画像の処理と分析で主要な役割を果たすため、アドバンテックは、Chutian 社の製薬検査装置の最高の精度、品質、および速度の要件に対応するために、相応の計算能力を備えたシステムに組み込むことができる高性能産業用コンピュータを提供します。

メリット

以前は、薬の検査は手作業で行われ、作業員が十数名必要であり、2シフトの作業担当制が採用されていました。 製薬工場の1日あたりの生産量は20万から30万でした。 Chutian 社の医薬品検査装置を導入した後、生産ラインの速度が向上し、1日あたり5バッチの薬剤を製造でき、各バッチの薬剤の生産量は15万、経口液の1日あたりの生産量は約70万から75万になります。 生産性が向上するにつれて、労働者は1シフト担当制を採用できます。 同社の検査機は、ユーザが医薬品の品質と安全性を確保しながら、人件費と時間のコストを節約するのに役立ちます。

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です