アドバンテックが「TPC-1551T」産業用パネルPCの新世代を発表

TPC-1551T

アドバンテックは、広く採用されている次世代のTPC-1551T(A)産業用パネルPCであるTPC-1551T(B)を発表しました。 TPC-1551T(B)モデルは、前モデルのコンパクトでファンレスのユニバーサルデザインを継承し、IP66規格のフロントパネルと広い動作温度範囲(-20〜60°C / -4〜140°F)を備えた真のフラットタッチスクリーンを特長としています。

多様な産業用アプリケーションの最高の信頼性を確保するため。 Intel®Atom™E3845クアッドコアプロセッサを搭載したTPC-1551T(B)は、低コストで強化されたコンピューティングパフォーマンスを提供します。 TPC-1551T(B)は、システムの2つのシリアルポート、4つのUSB、および2つのGbEIntel®I210 LANに加えて、iDOORソケット、HDD / SDDベイ、およびmSATAをサポートするmPCIEポートを含むようにアップグレードされ、システム拡張。さらに、標準のVESAアームマウント(100 x 100 mm)との互換性により、マルチタスク加工、SCADA /フィールドバスソフトウェアプログラミング、生産監視、プロセス制御、製造実行システム(MES)の管理など、さまざまな産業オートメーション用途にパネルPCを簡単に設置できます。

産業オートメーション向けに強化されたパフォーマンス

TPC-1551T(B)は、Intel®Atom™E3845(1.91 GHz)クアッドコアプロセッサを搭載しており、TPC-1551T(A)モデルのE3827デュアルコアプロセッサと比較して50%高いコンピューティングパフォーマンスを提供します。 インテル®I210チップにデュアルGbE LANを搭載することで、ネットワーク通信が強化され、運用管理とリモート監視/制御のためのリアルタイムデータ伝送が可能になります。 次世代の産業用パネルPCは、最大8 GBのDDR3L SDRAMメモリ、2つのGbEIntel®I210 LAN、2つのシリアルポート、および4つのUSB(前モデルには2つのみ)を備え、多様な産業オートメーションアプリケーションをサポートします。

最適化された設計により使用感が向上

TPC-1551T(B)のコンパクトなファンレス設計は、低消費電力とユーザーフレンドリーな操作のために最適化されています。 システム拡張を容易にするために、パネルPCにはiDOORソケット、HDD / SDDベイ、およびmSATAをサポートするmPCIEが装備されており、外部拡張キットを統合する必要はありません。 TPC-1551T(B)は、IP66規格に準拠したのフロントパネル、5線式抵抗タッチコントロール、および直感的な制御と優れた信頼性のための広い動作温度範囲(-20〜60°C)を備えた15インチのトゥルーフラットタッチスクリーンも備えています。

費用対効果の高いソリューション

TPC-1551T(B)の最適化された設計は、低コストでコンピューティングパフォーマンスを向上させます。 TPC-1551T(B)は、市販の類似製品と比較して、非常に競争力のある価格で入手できます。 さらに、TPC-1551Tシリーズのパネルカットアウトの寸法は、過去10年間同じままです。 これにより、実装環境を変更せずにテクノロジーをアップグレードできるようになり、製品の寿命とIoTアプリケーションの将来性が保証されます。

主な特徴

  • LEDバックライト付き産業用15インチXGA TFT LCD(7万時間の寿命)
  • Intel®Atom™E3845(1/91 GHz)クアッドコアプロセッサー、4 GB DDR3L SDRAM(最大8 GBをサポート)
  • 低消費電力のコンパクトなファンレス設計
  • IP66規格のフロントパネルを備えたフラットタッチスクリーン
  • 広い動作温度範囲(-20〜60°C / -4〜140°F)
  • VESAアートマウントをサポート(デフォルト)

アドバンテックのTPC-1551T(B)次世代産業用パネルPCは注文受付可能です。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry