産業用モニタ vs 市販モニタを選ぶ3つの理由と、Industry 4.0アプリケーション

産業用モニタ、Industry 4.0アプリケーション

Internet of Things (IoT)およびIndustry 4.0アプリケーションでは、埋め込みマシンからのデータや処理を可視化することに対する需要がますます増えてきています。データの可視化とプロセス制御は、意思決定プロセスのすべてのレベルで役立ち、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)で最も成果が得られます。

ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)とは?

一般的には、LED LCD モニタのように、ユーザーをマシン、デバイス、またはシステムに接続するすべてのユーザーインターフェースを指して用いられます。
例えば、液晶モニタスクリーンは、ユーザが産業プロセスにおいて機械又は装置と対話することを可能にします。ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)は、ユーザーのプロセスにおける関わり方と自動化データとの間のギャップを埋めるのに役立ちます。

このギャップを埋めるために、LED LCDモニターシステムを工場フロアおよび業界のアプリケーションプロセスに適合させることが一般的なオプションです。
LED液晶モニターの現場での選択については、まず一般的な市販モニターと産業用モニターのどちらを選ぶかが大きな決断となります。さまざまなモニター価格を額面どおりに見直すと、市販のモニターのほうが安く見えるかもしれないが、これはよくある誤りです。

Advantech IoT Group HMIの製品マネジャーであるTim Stone氏によれば、これはあまりにも多くのユーザーの間で見られる誤りで、結果的に時間と費用を費やすことになる、と言います。なぜ?単純な答えは、市販のモニターは、Industry 4.0アプリケーションの頑強な使用と環境に耐えられるように設計されていないか、製造されていないことです。市販のモニタではなく、産業用タイプの液晶モニタを実装することが最善の選択肢である理由を具体的に3つ挙げてみましょう。

過酷な環境に対する耐久性

まず第一に、産業用グレードの液晶ディスプレイモニタは、産業環境に合わせて設計・製造されています。これは、ほとんどのインダストリー4.0アプリケーション環境と密接に関連します。市販のモニターは、オフィスや小売り環境向けに作られており、そのような環境ではうまく機能します。しかし、より過酷な産業環境では、高振動、高温変動、電力変動、土砂、ほこり、高使用率などの要素に対応できません。

例えば、市販のタブレットタッチスクリーン上の一般的なガラスは、それが機能しなくなるまでの使用期間しか重視されません。「市販のモニターは、産業用環境での常時使用には耐えられない。」とストーン氏は言います。「市販のモニターは、とりわけ、ダウンタイムがなく、重要なアプリケーションがある場合は、文字通り一日中モニターを使用している。」商業的な選択肢は設計を基に産業用の要素を維持したり、耐えたりすることはできません。

Industry 4.0仕様を満たす設計

産業用グレードのモニタは、高振動、高温変動などの厳しい環境に対して設計、製造されるだけでなく、特定の洗浄要件などの様々な産業における頑丈な仕様にも耐えることができます。産業用モニタは、汚れ、ほこり、油、洗浄薬品などの環境要素から内部を保護するために密閉処理が施されています。多くの産業用用途、とくに洗浄仕様がある食品および飲料プロセスに関連する場合、産業用モニタは特別な装置定格に基づいて、これらの要件を満たすことができます。

一貫した稼働時間とデバイス・ログ機能を備えたコスト削減

では、市販のモニターを産業用環境で使用するとどうなるのでしょうか。
ストーン氏は、モニターが故障するのは時間の問題だと述べています。これは、モニタの交換または修理中に、プロセス全体がダウンタイムになることを意味します。「市販のモニターを少なくとも年に3回交換する」とストーン氏は述べ、過去の顧客の経験を語ります。

モニタの交換中に、装置が停止し、プロセス全体が停止します。
一貫性が失われ、労働力もまた非生産的です。「結局、機械がダウンするコストはどれくらいかかるのかと自分に問うことになる。」産業用液晶モニターを実装することで、こうしたコストのかかる問題を回避することができ、率直に言えば、多くの悲嘆を回避することができる、と彼は付け加えます。厳しい条件下に対して耐久性を持つ産業用に設計されたモニタは、市販の装置よりもはるかに多くの仕様を満たさなければならない。すなわち、長寿命の良質な製品を得ることができます。

アドバンテックは、過酷な環境での作動に耐えることができるよう、様々なサイズの産業用モニタを幅広く生産しています。産業用液晶モニタは、バックライトの寿命が5万時間、IP規格に準拠した高耐熱性、幅広い温度対応、多彩な実装オプションを実現し、さまざまな使用環境において設置が容易です。

アドバンテックの産業用モニタ

アドバンテックはさまざまなアプリケーション向けの業用モニタ・ディスプレイを取り揃えています。まずはオンラインストアからご覧ください!

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry