クイックインサイトセミナー “AGV/AMR向けソリューション”

ウェビナー動画はこちらから

今回のウェビナー、アドバンテックからお話させていただくAGV、AMRマーケットに向けてでございますが、

1市場同行

2事例

3使い方

この3つの流れで話を進めさせていただきます。

まず、最初にこのページでお伝えさせて頂くマーケット概要・展望についてですが、AGV・AMRのマーケット規模が昨年度実績で

全世界で2100億円に達して、年率7.8%で市場が爆発的に広がっている→この資料では5年後に3000億円といわれているのですが、

当社がお付き合いさせて頂いているAGV・AMRメーカー様、そのお話では、もっと多いと仰っています。すごい成長率・伸び率です。

経済的に拡大が進んでいる。

まずアプリケーションについて。

AGV オートモーティド ガイディド ビークル

AMR オートノマス モバイル ロボット

市場を形成する2つのアプリケーションは、どんどんと機能強化、より多くの情報処理を求められているんです。

決まったルートにモノをけん引するAGV従来の機能のみならず、自ら考え、進化していく自律走行ロボットへと需要が拡大・発展していいます。

そして、市場の成長領域。

重量物の運搬は人からロボットにシフトが始まっている。 

マテリアルハンドリングの自動化

このシフトが何百億円単位の成長領域なんです。 

そして、労働力不足・労働人口の減少、先ほどもお話させて頂いたコロナの影響で

ますますAGV/AMRの需要は喚起されてます。

一般消費もEコマースへの移行が進み物流倉庫にもAGV.AMRはどんどん入り込んでます。

製造現場。物流、倉庫

これら、従来人が行っていた作業を自動化することで、安全基準の改善が進んでいく。

さらに大量カスタマイズの需要へ対応→沢山の品目を効率的に運搬する為に、AGV,AMRがどんどん使われていく。

このマテリアルハンドリングの自動化から生み出された付加価値

時間削減、ヒューマンエラー削減、安全性強化、生産量増大、精度・再現性の改善が認められ、ますます、AGVAMRの必要性が増していく。

このような市場の動きに対し、我々アドバンテックPCがAGV/AMR向けに適しており、増え続ける需要に対応していっている事例を続けてご紹介させて頂きます。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry