AGVパーキングロボットを搭載したインテリジェントパーキングシステム

自動誘導車両、AGV、インテリジェントパーキング、IoT

パーキングのインテジェット化

自動誘導車両(AGV)は、製造施設または倉庫の周りの材料を輸送するための工業用途で最も頻繁に使用されています。現代のIoT時代には、工場は第4次産業革命の時代を迎えるだけでなく、AGVは自動化からインテリジェント化へと移行し、領域も工場から駐車場へと広がっています。

従来、AGVは、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)を用いて制御され、稼働していました。ただし、パーキングAGVは、PLCの速度と機能が不十分なため、包括的な監視を確実にするために複数の算術演算を実行する必要がありました。

そこで、AGVメーカーは、Wi-Fiモジュール、レーザーナビゲーション、コーム交換テクノロジーを用いて、わずか120秒で車を持ち上げ、駐車できるインテリジェントパーキングロボットを開発しました。パーキングロボットは、集中ディスパッチシステムからのタスクを正確に受け取り、衝突や無事故でコマンドを実行できるように、手のひらサイズのファンレス、車載用x86産業通信ゲートウェイを搭載しました。

AdvantechのPCベースの組み込み自動化コンピュータUNO-2272Gには、2つのiDOORモジュール(Wi-Fi通信およびCANopenフィールドバスプロトコル)が搭載されており、パーキングAGVの性能要件を満たすだけでなく、コンポーネント化されたリアルタイムオペレーティングシステム(Windows Embedded Compact 7)、カスタマイズされたドライバ、およびリモート管理・監視ソフトウェア(WISE_PaaaS/RMM)をサポートしています。これらの特徴は、AGVロボットに、命令発行、走行トラックおよび位置監視、システムヘルス診断、および自動スケジューリングなどの追加機能を提供することです。

系統図

システム要件

2014年に設立されたShenzen Yeefung Robotics Technologyは、親会社のShenzhen Yeefung Automationの経験を活かして、3Dガレージパーキングシステムの開発・製造を行い、様々なアプリケーション分野向けに駐車場、物流、電子商取引のAGVを開発しました。最近では、先端テクノロジーを駆使し、市場への浸透を図るため、従来のコントローラーから、コスト効率の良いゲートウェイへの切り替えを進めています。

2つの誘導モード(レーザーと磁気粘着)を備えたShenzen Yeefungの新しいインテリジェントパーキングAGVは、自動的に前後左右の移動、回転、平面移動および差動駆動を行うことができます。しかし、AGV本体の寸法は限られているため(長さ4548mm×幅1773mm×高さ320mm)、必要不可欠なハードウェアデバイスには最小限のスペースしかありません。従って、AGV制御ゲートウェイは、振動、衝撃、衝突保護を備えながら、複雑な動き計算を行い、長板車両に埋め込むのに十分なコンパクトさが求められました。

さらに、インテリジェントAGV駐車システムは、100台以上の車両を同時に管理することができなければなりません。したがって、遠隔装置監視ソフトウェアは、中央制御室がリアルタイム車両ステータスを認識し続けることを確実にするために必要である。また、駐車場へのインテリジェント駐車場AGVの派遣を継続するためには、事前に車両整備を手配できる早期警報機能が不可欠である。

システム詳細

Intel® Atom™ J1900プロセッサ、ワイヤレス通信モジュール(PCM-24S2WF)、CANbusモジュール(PCM-26D2CA)、Advantechの掌サイズの通信ゲートウェイ、UNO-2272Gを搭載することで、中央ディスパッチシステムからのコマンドを受信するだけでなく、衝突防止センサー、360°レーザー送信機、磁気ネイルスキャナーから収集したデータを処理して駐車場所と移動経路を計算し、駐車AGVに車両を特定の駐車スペースに自律的に搬送するよう指示することができます。

また、耐久性・信頼性については、アルミ製の軽量筐体を採用し、放熱性を高め、水や塵の侵入による部品やモジュールの損傷を防止しています。MSATAソリッドステートハードディスクドライブは、耐久性に優れており、読み取り/書き込み速度が向上しました。さらに、UNO-2272Gは、IEC規格であるチョック・振動耐性規格に準拠しており、極限環境での運転の継続性と信頼性を確保しています。

このプロジェクトの第一の目的は、インテリジェントAGV駐車システムのハードウェアを供給することでしたが、アドバンテックは、Wi-FiモジュールやCANbusモジュールのカスタムドライバ、およびリモートデバイス監視ソフトウェアを含むソフトウェアによって付加価値を提供しました。

実装されたアドバンテック製品

UNO-2272GIntel®Atom™J1900プロセッサ、最大2.41 GHz、2 GBのDDR3Lメモリ
PCM-24S2WFiDOORモジュール:Wi-Fi 802.11 a / b / g / n 2T2R、Bluetooth 4.0、ハーフサイズmPCIe、アンテナ
PCM-26D2CA iDOORモジュール:2ポート絶縁CANbus mPCIe、CANopen、DB9

結論

Shenzen Yeefung Robotics Technologyの、アドバンテックUNO-2272G通信ゲートウェイを備えたインテリジェントAGV駐車ロボットは、精度が高く、スペースの限られたエリアで駐車スペースを40%つくりだし 、ドライバーはわずか120秒で駐車スペースおよびスロットを見つけることができるようになりました。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry