食品・飲料産業におけるトレーサビリティのための自動外観検査ソリューション

自動外観検査、食品、飲料、トレーサビリティ

トレーサビリティとは?

食品の安全性に対する市場の要求として、トレーサビリティは食品および飲料業界とパッケージング業界でますます注目されています。 トレーサビリティとは、文書化された識別情報を使用して、アイテムの履歴、場所、または用途を検証し、正確な日時と正確な場所の情報で商品をリコールできるようにする機能です。

システム要件

ある飲料容器の世界有数のプロバイダは、バーコード、文字、および数値を1つ、インクジェット印刷レベルを7ユニット/秒の実行速度で99.9%正確に識別したいと考えていました。 また、工場には十分なエンジニアがいないため、ユーザが使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスを備えた信頼性の高いシステムを実装することが必要でした。

システム詳細

そこで、アドバンテックは、PCベースの自動光学識別システムに複数のカメラを提供し、バーコード、データコード、および飲料容器の文字を識別するようにしました。 このシステムは、Intel® Core i7 CPUを搭載したAIIS-1240、4-CH PoEコンパクトビジョンシステムで構成されています。 Inspector Expressは、工場での自動検査の設計と導入を簡素化するために特別に設計されたグラフィカルユーザーインターフェイスのマシンビジョンアプリケーションソフトウェアです。 QCAM-GM0640-120CE、0.3メガピクセル産業用カメラ、PoE(Power over Ethernet)を備え、設置とメンテナンスを簡単に行えます。

システム構成図

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry