統合品質管理システムが自動車生産を強化

自動車製造、自動車組み立て

イントロダクション

自動車製造には、板金溶接、車体塗装、金属鍛造、エンジンの製造と加工、内装組立、工場試験など、さまざまな作業とプロセスが含まれます。 プレミアム品質の製品を製造するには、各プロセスの円滑な実行が不可欠です。 したがって、自動車製造で使用される機器は、品質保証のために正しく設置および採用されなければなりません。

従来、自動車の組み立てと品質管理作業は、スタッフが手動で行っていました。 たとえば、自動車の組み立て中、作業員は、組み立て治具を使用して車体パネル間のフィットの近さを測定します。 不正確または誤算は、深刻な安全上の問題や機器の損傷につながる可能性があります。 ただし、インダストリー4.0の登場により、ロボットアームとカメラを備えた多軸イメージングソリューションを使用して車体パネルのギャップを測定できるようになりました。

品質評価が行われた後、すべてのデータを一元化されたデータベースに送信して、すべての車両の正確で包括的な製造記録を提供できます。 さらに、運用効率と生産性を高めるために、さまざまなテクノロジーを統合して、複数のプロセスを同時に実行できます。

システム要件

自動車の組み立ては、通常、複数のマシンが関与し、さまざまなシステム間でデータを同期させる多段階の作業です。 当然のことながら、システムのパフォーマンスは全体的な効率と生産性に影響を与える重要な要素です。 例えば、品質チェックを行うには、PoEカード、モーションカード、カメラを搭載したシステムが必要です。 ただし、そのようなシステムのほとんどは限られた数のポートしか対応しません(1つのカードが4つのポートを対応します。12個のポートが必要な場合、2つのシステムが必要になる場合があります)。 したがって、大規模な運用の場合、拡張の可能性はいくぶん制限され、設備コストは比較的高くなります。

アドバンテックは、従来の品質チェック操作に関連するインストールの問題を排除し、複数のシステムとテクノロジーを業界の要求を満たす単一のマシンソリューションに統合するために、第6世代Intel® Core™を搭載したコンパクトなファンレス産業用PCであるMIC-7500を開発しました。 iプロセッサ、高性能多軸制御カード、マシンビジョン検査カード。 システムのモジュラー設計は、アドバンテックのiModuleおよびiDoorテクノロジーと互換性があり、柔軟な機能とカスタマイズが可能です。 アドバンテックのMIC-7500は、PoEおよびUSBインターフェースも対応しており、マシンビジョン検査作業を容易にします。

自動車製造アプリケーションの場合、アドバンテックのMIC-7500には、E-GearおよびE-CAM機能に対応するt4軸ステッピングおよびサーボモータ制御PCIカードであるPCI-1245と、Intel®サーバグレードGbE Macコントローラーに対応する4ポートのPoE(Power over Ethernet)PCIe x4カードであるPCIE-1674Eを搭載できます。システムはアドオンカードの2つのインターフェイス、つまりPCIE-1674EとPCE-USB4に対応しているため、PCIE-1674Eカードを4ポートPCE-USB4カードに置き換えて、拡張の柔軟性を高めることができます。

利点

  • 完全に統合されたシステムと操作
  • 一元管理と制御品質管理の向上
  • 即時の結果/フィードバック
  • 運用を合理化し、最終的に生産性を向上
  • 柔軟でカスタマイズ可能な拡張設備
  • コストの削減

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry