低コストの柔軟なブレーキ試験システム

ブレーキシステム、振動試験

イントロダクション

自動車の性能に対する要求が高まる中、高速で作動するブレーキシステムの安定性を確保するために、ディスクブレーキの品質を維持および制御する戦略が自動車製造の重要な側面になっています。車両のブレーキシステムは、通常、ディスク、クランプ、パッド、およびブラケットで構成されています。

設計や製造が不十分なコンポーネントはさまざまなレベルの摩擦を発生させてさまざまな振動周波数を生成するため、生成された共振を評価することでコンポーネントの異常を検出できます。 当然のことながら、振動試験はコンポーネントメーカーにとって重要なプロセスになっています。

システム要件

ブレーキシステムのテストでは、インパクトハンマーを使用してブレーキディスクを叩き、振動を発生させます。 次に、振動周波数が測定され、分析のためにバックエンドシステムに送信されます。 アドバンテックは、MIC-75M20 i-Module、およびPCIE-1802およびPCIE-1816カードと統合されたMIC-7500コンパクトファンレスシステムを特徴とするトータルソリューションを開発しました。 第6世代Intel®Core™iプロセッサを搭載したMIC-7500は、ブレーキのテストと分析に必要な高性能コンピューティングを提供します。

アドバンテックのPCIE-1802は、ハンマーフィードバックと加速度計信号の同時記録を可能にするIEPE電流源を内蔵した8チャネル、24ビット、216 kS/sの動的信号取得PCI Expressカードです。 記録されたデータは、動的ライブラリを介してアクセスされ、計算を実行するために採用され、TEXOLのDynagator動的信号抽出を使用して分析され、ディスクの異常を検出します。

PCIE-1816は、AI、AO、DI、DO、およびカウンタ機能を備えた16チャネル、16ビット、1MS/sのPCI Express多機能カードであり、ユーザは単一のカードのみを使用して検査システムを構築できます。 したがって、アドバンテックのMIC-7500プラットフォームは、複数のプロセスを同時に自動的に実行できるようにする低コストの代替手段であり、さまざまなセンサータイプに対応しています。

MIC-7500ソリューションは、データ集録システムのパフォーマンス、互換性、信頼性の向上を目的としたアドバンテックの次世代データ集録ドライバパッケージであるDAQNaviとも統合されています。 アドバンテックのDAQNaviパッケージには、新しいドライバ、サンプルコード、SDKが含まれており、プログラミングと開発時間を最大70%削減できます。

利点

  • PCIE-1802は、品質を犠牲にすることなく、既存のソリューションに代わる低コストのソリューションを提供
  • アドバンテックのi-ModuleとPCIEカードにより、顧客の要件に応じたカスタマイズが可能
  • 複数の操作の同時実行が可能
  • 柔軟な拡張に対応したシステム

システム構成図

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry