【動画】 WISE-PaaSクラウドプラットフォーム導入例、空気圧縮機の製造

エアコンプレッサ、空気圧縮機

空気圧縮機は、空気を圧縮することにより機械的エネルギーを加圧ガスに変換する装置です。 産業用アプリケーションで広く使用されており、重要な電源です。 しかし、過去においては、空気圧縮機はしばしば作業現場に設置され、単独で運転されていました。

実際の動作とアイドリング条件、エネルギー消費レベル、温度、圧力、ガス使用量、およびその他のデータはほとんど無視されていました。 障害が発生すると、生産ラインがシャットダウンされ、稼働量の損失を引き起こしました。 さらに、この初期のシステムは、部品交換に関する早期警告を発することができず、予防保全が整っていませんでした。

Tong Cheng Iron Works Co., Ltd.は、台湾の台中市に設立された空気圧縮機の老舗メーカーで、60年以上にわたって事業を展開しており、SWANブランドで世界中に製品を販売しています。 モノのインターネット(IoT)、インダストリー4.0、ファクトリオートメーション、および拡大する顧客需要に向けて、Tong Chengは産業変革の緊急性を認識しました。 そのために、同社はアドバンテックと協力して、Tong Chenに業界の主導的役割を与えることを目的とした最先端のインテリジェントソリューションの開発に成功しました。 IoTの力を利用して、空気圧縮機の操作をリモートで監視できるようになりました。 さらに、アドバンテックは革新的な予防保全の部品交換のサービスモデルの実現に協力しました。 その結果、アップグレードにより、Tong Chengの全体的な競争力が向上しただけでなく、Industry 4.0の利便性とメリットも解放されました。

クラウドデータ管理の習得:新しいビジネスチャンスとサービスの開拓

Tong Cheng Iron Worksの上級マーケティングマネージャー、George Lin氏によると、データ収集は、空気圧縮機のスマートなアップグレードを達成するための最初のステップと見なされていました。 同社は、IoTテクノロジーのいくつかの重要な側面を介して、従来の空気圧縮機の操作において悩まされていた管理のボトルネックを打破することを望んでいました。 第一に、空気圧縮機の運転状態を容易にアクセスできるようにする必要がありました。 これには、温度と圧力の異常、使用率、およびエネルギー消費が含まれます。

第二に、ベルト、ベアリング、オイルおよびフィルター要素を含む空気圧縮機の消耗部品は定期的に交換する必要がありました。 ただし、ユーザーは定期的なメンテナンスや修理を見落とすことが多いため、空気圧縮機システムのコンポーネントが故障すると、工場のガス供給に深刻な影響が出る可能性があります。 スマートシステムはデジタル管理を通じて、スペアパーツの耐用年数が終了する前に高度な通知を提供し、予防保守のより効果的なシステムを実現しました。 これにより、工場の生産能力が向上し、空気圧縮機の寿命が延びました。 機械が故障した場合、ユーザーは電子メールまたはLine通信ソフトウェアを介して積極的に通知されました。 携帯電話などのモバイルデバイスは、マシンのステータスにアクセスして、迅速な応答を提供できます。

IoTとWISE-PaaSを活用したソフトウェア/ハードウェア統合ソリューションの推進におけるアドバンテックの相当な経験と楽観的なパートナーシップの結果に基づいて、Tong Chengは2017年にアドバンテックに最初に連絡を取り、正式に研究開発への投資を開始しました。 採用されたソフトウェアおよびハードウェアソリューションには、コントローラー不要の往復動圧縮機からデータを取得するために使用される外部ADAM-6050 DIモジュールが含まれていました。 デジタルコントローラーは既に装備されているため、信号線のみでRS485を介して操作データを取得し、ハイエンドのTong Chengスクリュー空気圧縮機に使用できました。 デバイスはアドバンテックのEIS-D210エッジインテリジェントサーバーに接続され、データはアドバンテックのWISE-PaaS産業用IoTクラウドプラットフォームにアップロードされ、有線および/または無線ネットワークを介して収集、管理、分析されました。 その後、WISE-PaaS /ダッシュボードクラウドダッシュボードツールを使用して、空気圧縮機のデータを端末画面に視覚化して表示しました。

アドバンテックの台湾事業部のプロジェクトスーパーバイザーであるSammy Hsu氏は、Tong Chengによって提供された実際のアプリケーション要件に基づいて、ダッシュボードの全体的な使いやすさを改善し、効果的なイベント通知(リアルタイムの障害と消耗部品交換通知など)とクエリ機能を構築することに成功したと述べました。 これによってシステム全体にとって非常に重要であることが実証され、一連の専門監視システムの構築に役立ちました。

2019年、両社は製品開発に協力し、4月初旬に開催されたハノーバーフェアに参加し、市場から熱狂的な反響を受けました。 ダッシュボードの表示を使用すると、温度、圧力、消費電力、使用率、予防保守、履歴データの保存の詳細など、各空気圧縮機の瞬時のステータスに、リモートから簡単にアクセスできます。

George Lin氏は、データの収集と蓄積により、空気圧縮機の運用効率が大幅に向上すると同時に、機械的な問題の原因を追跡して迅速に特定できると述べました。 空気圧縮機は高エネルギー消費製品であるため、アドバンテックのTong Chengとの協力は、同社にとって非常に貴重なものとなりました。 リアルタイムの電力ステータス表示と最適化された効率構成の組み合わせにより、同社はエネルギー効率レベルを30%大幅に改善しました。

部品交換のアクティブなシステム通知により、エージェントは積極的に顧客との保守契約に署名するようになりました。 その結果、エージェントは一度に複数の顧客に地域サービスを提供しました。これにより、運用効率が向上するだけでなく、顧客満足度も向上しました。 Tong Chengは、台湾の主要工場の空気圧縮機室に4つのリンクされたリモート監視システムを設置して、ライブデモを行っています。 加えて、同社はまた、海外支店での実証および宣伝のための工場設置を手配しています。

George Lin氏は、アドバンテックとTong Chengによって開発されたソリューションは、空気圧縮機産業の将来を代表するものであると述べています。 アドバンテックのシンプルな設置プロセスと高いシステム信頼性により、Tong Chengと共同開発したシステムを使用して、汎用空気圧縮機のアップグレードを実現することができました。 アドバンテックはインダストリー4.0のパワーを活用して、空気圧縮システムの分野での競争力と運用効率を強化しています。796

産業用ソフトウェアのニーズを購入、導入、カスタマイズするためのIoTソフトウェアオンラインビジネスチャネル

WISE-PaaS マーケットプレイス

産業用ソフトウェアのニーズを購入、導入、カスタマイズするためのIoTソフトウェアオンラインビジネスチャネル

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry