「UNO-2000」搭載、データ管理のためのハードウェアソリューション

プレス機、自動車製造、システムインテグレータ

顧客は、24時間体制で稼働している自動車部品メーカーで、工場内の2つの大型プレス機の生産状況とメインアラームを追跡するためのシステムを必要としていました。 彼らは、IoTアプリケーションを開発するソフトウェアハウスシステムインテグレータにアプローチし、生産効率を最適化し、アラームシステムを改善し、予知保全を強化するための主要なデータを収集しようとしました。

システム要件

顧客は以前、ペンと紙でシステムの記録をしていました。 その結果、メンテナンス担当者と製造責任者は、問題が発生してからレポートが処理されるまでの12時間、製造上の問題に気づくことができませんでした。これは非常に非効率的です。プレスの1つが停止するたびに、会社の損失になります。 これに対処するために、メンテナンスのスタッフは、迅速に生産体制に戻すために、問題をすばやく発見して診断できるシステムを必要としていました。

顧客は、機械のアラームステータス(計17信号)を維持しながら、製造工程におけるすべての生産部品と注文を追跡したいと考えていました。 そこで、システムインテグレータは、プレス機による信号出力を接続するための低価格の産業用グレードのハードウェアを必要としていました。 さらに、ハードウェアは、カスタマイズされたソフトウェアのインストールのために、十分な柔軟性と強力性を備えている必要がありました。

システム詳細

各プレス機は20年以上経っていました。 1つはカスタマイズされた電子ボードによって制御され、もう1つはPLCを使用していました。 メディアコンバータを使用して、すべての信号とプロトコルをModbusに変換しました。 電子ボードからアナログ信号を取得するために、アドバンテックの手のひらサイズのオートメーションコンピュータ「UNO-2272-J2AE」が使用されました。 アドバンテックのUNO-2000シリーズ組み込みオートメーションコンピュータは、フィールドプロトコル認識などの特定の機能を備えており、データゲートウェイ、コンセントレータ、データサーバアプリケーションに適しています。 パフォーマンスモデルは、開発時間を短縮し、さまざまな要件を満たすための複数のネットワークインターフェイスを提供します。

実装されたアドバンテック製品

UNO-2272G-J2AE – 1 x GbE, 2 x mPCIe, VGA/HDMIを搭載したIntel® Atom™ 手のひらサイズのオートメーションコンピュータ

ADAM-4017 – 8チャンネルアナログ入力モジュール

システム構成図

結論

アドバンテックの製品が選択されたのは、価格と機能が他の市場オプションと比較して最も優れていると見なされたためです。 システムインテグレータは、アドバンテックの製品のコンピュータ能力、産業用仕様、接続の可能性を活用することで、顧客のニーズに応えることができました。 特に、UNO-2272Gは、その柔軟な接続オプションのゆえ、このプロジェクトに最適でした。 Modbus TCP/IPのイーサネット機能は、その処理およびストレージ機能と相まって、顧客独自のソフトウェアに加えてLinux流通システムを実行できるようにしました。 さらに、UNO-2272Gはコンパクトなサイズと頑丈な設計により、工場環境に特に適しています。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry