IBCONがアドバンテックのソリューションを活用して工場設備監視システムを構築

IBCON、オートメーション、WISE-PaaS、クラウド

イントロダクション

タイの輸出志向型経済では、製造業が経済発展と成長の主要な推進力です。 グローバルな競争力を維持するために、タイの製造業者は、生産設備と管理戦略を近代化するために高度な技術を採用し始めました。

これには、監視装置にSCADAシステムを採用してファクトリオートメーションへの移行を促進することも含まれますが、ほとんどの工場では新しいデバイスを設置するスペースが限られています。 さらに、製造施設は、製造される製品に応じて、サイズ、環境条件、およびケーブル接続のしやすさの点で大きく異なります。 したがって、成功する機器監視システムは、多様な工場環境での設置を可能にするために、十分にコンパクトで柔軟でなければなりません。

アドバンテックのWebAccessプラットフォームは、堅牢なハードウェアと強力なソフトウェアを統合して、インテリジェントなワイヤレス監視ソリューションを提供します。実装における課題に対処することで、このソリューションは、システムインテグレータが構成を必要とせずにさまざまなアプリケーションに展開できる革新的なシステムを開発するのが可能になります。

システム要件

IBCON Co., Ltd. はタイにあるオートメーションシステムのサプライおよびシステムインテグレータで、産業オートメーション業界で20年以上の経験があります。 タイのほとんどの工場では、依然として機械の状態監視を手動で行っているため、IBCONは、自動データ収集が可能な機器監視システムを開発することで、製造効率の向上をサポートすることを目指していました。 ただし、全体的な開発時間を短縮するために、IBCONは、統合されたハードウェアとソフトウェアを備えた既製のSCADAベースのソリューション対応プラットフォームを必要としていました。

さらに、ソリューションハードウェアは、配線を最小限に抑え、設置をスリム化するために、インジケータライトの色に基づいてマシンデータを収集するためのワイヤレスI/Oモジュールを含める必要がありました。 また、データをバックエンド制御室に送信するためのゲートウェイとして、サーバにはコンパクトでありながら耐久性のある産業用コンピュータも必要でした。

ソフトウェアに関して、アドバンテックのWebAccess/SCADAプラットフォームは、アプリケーション開発用のツールを提供し、マシンデータのリモートモニタリングと記録、リモートデータアクセス、定期的なデータレポート、リアルタイムアラーム通知をサポートする必要がありました。

システム詳細

アドバンテックは、WISE-4050ワイヤレスI/Oモジュール、UNO-2473G組み込みオートメーションコンピュータ、およびWebAccess/SCADAブラウザーベースのソフトウェアを統合して、開発、構成、導入が容易なソリューションプラットフォームを提供しました。 このプラットフォームを使用して、IBCONは革新的で費用効果の高い工場設備監視システムを迅速に設計することができました。

アドバンテックのWISE-4050は、4つのデジタル入力チャネルと4つのデジタル出力チャネルを備えており、現在市場で入手可能な唯一のワイヤレスI/Oモジュールです。 ワイヤレスモジュールの提供により、システムインテグレータは追加の配線なしでデータ収集を簡単に実装でき、柔軟なネットワークの拡張とアップグレードが可能になります。 このモジュールは、RTCタイムスタンプ付きのデータログ機能も備えており、データを失うことなく正確な送信することが可能です。

アドバンテックのUNO-2473Gは、従来の4U産業用オートメーションコンピュータと比較して、フォームファクタが比較的小さいため、設置に必要なスペースを削減できます。 また、UNO-2473Gは、堅牢なファンレス設計、広い動作温度(-20〜60°C)、高速放熱機能を備えており、過酷な産業環境での動作に適しています。

アドバンテックのWebAccess/SCADAソフトウェアプラットフォームは、独自のアニメーショングラフィックディスプレイ、リアルタイムデータグラフ、データ/アラームログレポートを設計するための豊富なライブラリと開発ツールを備えた100%ウェブベースのソリューションです。 HTML5ベースのユーザインターフェイスとインテリジェントダッシュボードも提供されており、スケジューリング制御やトレンド分析などのインテリジェント管理機能のためのクロスプラットフォーム/クロスブラウザーデータ分析を簡単にします。 WebAccess/SCADAプラットフォームはWebサーバとして機能し、追加のライセンスなしで最大1,024台のクライアントデバイスに対応できるため、ユーザは任意のブラウザまたはモバイルデバイスを介して遠隔でプラットフォームにアクセスできます。

IBCONの工場設備監視システムの場合、WISE-4050モジュールは、機械の表示灯からデジタル信号をワイヤレスで収集し、WebAccess/SCADAソフトウェアがインストールされているUNO-2473Gコンピュータにデータを送信するように構成されました。 管理者は、いつでもどこからでもマシンデータにアクセスして、リアルタイムの監視と集中管理を行うことができます。 さらに、アラームが発生した場合は、担当者に自動的に通知するシステムを構築しました。

実装されたアドバンテック製品

WISE-4050: 4 × デジタル入力と4 × デジタル出力を備えたIoTワイヤレスI/Oモジュール

UNO-2473G: Intel®Atom™/Celeronプロセッサ、4 × GbE、3 × mPCIeおよび1 × HDMI/VGAを備えた産業用オートメーションコンピュータ

WebAccess/SCADA: プロフェッショナルバージョン、600 I/O、600内部タグ、1024クライアントに無料で対応

システム構成図

結論

アドバンテックの長期的なパートナーとして、IBCONは長年にわたって多くのアドバンテック製品を活用して革新的な産業オートメーションシステムを開発してきました。 最近、IBCONはアドバンテックのメーカーおよびシステムインテグレータであるアドバンテックのVIPメンバーにもなりました。アドバンテックは、システムの複雑さを軽減し、インストールを合理化する強力なソフトウェアを備えたインテリジェントなワイヤレスハードウェアです。

今日まで、アドバンテックのWebAccess/SCADAソフトウェアプラットフォームを備えたIBCONの工場設備監視システムは、ある大手自動車メーカーとタイヤメーカーに採用されています。 監視システムのインストール以降、これらの製造業者が観察した顧客満足度が高いため、両社は今後もIBCONソリューションを使用し続ける予定です。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry