養殖水槽の監視と制御ソリューション

養殖、水産物、魚、センサ、監視

イントロダクション

水産資源が枯渇しているため、漁業者はビジネスを内陸に移動するせざるを得ず、自動化装置を使用した水産養殖システムの品質を向上させることが不可欠になっています。 養殖業者は、養殖場を管理するために、養殖場でエアーポンプ、水フィルター、クーラー、ヒーター、日よけ、断熱材、オゾン生成器具などのさまざまな機器を使用して、魚類の健康を確保しています。

高品質の生産を確保するために、養殖管理者は水のPH値、温度、およびCO2レベル等の水槽の状況だけでなく、室内温度を定常状態に保つためにさまざまなデバイスを制御する必要もあります。 ただし、これらの条件を満たすには、養殖管理が非常に複雑になります。

実装されたアドバンテック製品

アドバンテックのADAM-6150EI(15の絶縁デジタルチャネル)、ADAM-6151EI(16の絶縁デジタル入力チャネル)およびADAM-6160EI(6リレーチャネル)の産業用EtherNet/IPリモートI/Oモジュールを使用することにより、クライアントは養魚場のセンサーの接続および管理が可能となりました。 このモデルが選択されたのにはいくつかの理由があります。1つ目は、デイジーチェーンで接続できる能力であり、少ない配線で簡単に構成可能な方法でファーム全体に接続できることです。 2つ目は、既存の機器に簡単に接続できるEtherNet/IPネットワーキングでした。 3つ目に、アドバンテックのADAM.NETユーティリティが付属しており、すべてのモジュールを単一のインターフェイスからイーサネット経由で直接構成できます。

結論

最終的に、養魚場を管理するためのアドバンテックのソリューションが選択されたのは、価格と構成オプションの組み合わせが優れていたためです。 水産物の需要が世界的に高まるにつれ、海の魚のストックは以前よりも増して枯渇しています。 魚類の大量絶滅の危機を食い止めるためにも、アドバンテックは養殖業に必要なデジタル管理ツールを提供することに貢献しました。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry