アドバンテックのエッジソリューション:5Gパトロールロボットに力を与える

イントロダクション

ロボットは私たちの日常生活の中でますます一般的になっています。 基本的かつ反復的で危険なタスクを完了し、セキュリティサービスのアップグレードを促進し、コスト削減にも役立つ、用途の広いスマートツールです。 公安で20年以上の経験を持つスマートパトロールロボットの某大手ブランドは、アドバンテックと共同でさまざまなアプリケーションシナリオに特化したロボットを開発しました。

システム要件

アドバンテックは最近、温度測定が可能なパトロールロボットの開発を支援しました。パノラマ監視を可能にするために5つの高解像度カメラを必要とし、リモート可視化コマンドをサポートする必要があり、最前線の警察官が病気の検査や予防措置を完了するために支援することができなければなりませんでした。パノラマ監視を可能にするために5台の高解像度カメラ、およびリモート視覚化コマンドにも対応する必要があり、最前線の警察官が対象者への病気の検査を完了し予防措置を講じるまでの導線を整えなければなりませんでした。測定地点から半径5m以内の赤外線で10人の体温を一度に測定し、誤差の確率を±0.5%以内に治める必要がありました。また、5Gに対応し、温度測定データをリアルタイムで管理室に送信できる仕組みも求められていました。

システム詳細

5Gパトロールロボットは、IoT、AI、クラウドコンピューティング、ビッグデータ技術を統合し、環境センシング、動的意思決定、自律的な動作制御、行動センシングとインタラクションを行います。このような高度なコンピューティングを可能にするため、5Gパトロールロボットは第8世代インテル® Core™ IプロセッサとGPU iModule(MIC-75G20)を搭載した高性能産業用エッジコンピュータ(MIC-770)を導入。IoTアプリケーションに対応しています。高性能産業用コンピューティングソリューションのリーディングプロバイダーであるアドバンテックが開発したMIC-770は、MIC-75G20 GPU iModuleと組み合わせた産業用エッジコンピュータで、AIのトレーニングや推論に対応した高性能なシステムを提供します。過酷な環境下で24時間365日の動作にも耐えるよう、MIC-770の頑丈な筐体と鋳造アルミニウム製のヒートシンクが振動や衝撃からも身を守ります。パッシブサーマルソリューションにより静音動作を実現し、すべての電子部品は環境保護、EMI/ESD耐性、高電圧サージ要件(2KV)の産業規格に準拠しております。MIC-75G20 GPU iModuleは、メインストリームのGPUカード(アクティブ冷却付き)に加え、フレームグラバー、GPU、モーションコントロールカードなどのPCIe/PCI I/Fアドオンカードに対応し、追加電力を必要とするカードのためのオンボードコネクタから12VDCの予備電源も控えております。パトロール時には、コンピュータによる判断や人間の行動分析が可能です。撮影・スキャン・そして解析後、即座に管理センターへ通知を行い、公安部門のコマンドセンターと連携して行動します。拡張現実(AR)の可視化により、公安部門はインテリジェンスの時代に突入します。

システム構成図

結論

アドバンテックのエッジソリューションにおける高性能コンピューティングパワーには幅広いプロセッサと互換性があるので、ユーザ側は特定のアプリケーション要件に基づいて柔軟にカスタマイズ構成ができます。スロットまたはI/O拡張の柔軟性は、強化された機能のために統合することができます。モジュール設計により、ソリューションは多様な産業オートメーション(自動化)を可能にするため、都市のセキュリティ、スマート機器、自律走行車、AI推論サーバ、ハイエンドの医療またはセキュリティ検査装置、マシンビジョンソリューションに広く適用できる事を保証します。

MIC-7シリーズの詳細情報はこちら(英語):
http://select.advantech.com/edge-intelligent-modular-ipc-mic-7-series/

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です