WEBセミナー『イノベーション・トーク』のご案内

AI 事例 & 製造業の未来

アドバンテックは10月22日(木)と10月23日(金)の2日にわたって、 WEBセミナー 『Innovation Talks』 を開催することが決まりました。

『Innovation Talks』 では、最先端AI技術を活かした技術革新を起こしているNVIDIA、株式会社マクニカ、ギリア株式会社、株式会社コンピュータマインドをお招きして、未来の製造業界におけるイノベーション(技術革新)の導火線を引く、AIについて話します。

10月22日(木)に「そもそも、AIとは何なのか?」、10月23日(金)に「製造業におけるAI導入例および製造業の未来」をテーマに各日語ります。製造業におけるAI × IoT のトレンドと、AI 技術の活用法について理解を深める大変良い機会です。

【開催時間】

10月22日(木)13:30 – 1500

テーマ:What’s AI?

10月23日(金)13:30 – 1500

テーマ:AI 事例 & 製造業の未来

※参加費無料

※本セミナーは22日、23日ともにZoomにて開催いたします。なお、参加をご希望される方は、事前登録が必要です。

詳細・お申込みはこちらから:https://events.advantechjapan.com/innovationtalks/

【登壇者】

【企業紹介】

1999 年、PC ゲーミング市場が爆発的に成長し、近代コンピューター グラフィックの定義を一新し、並列コンピューティングに革新をもたらしました。最近では、GPU ディープラーニングはコンピューティングの新時代を開く近代 AI の起爆剤となり、世界を認知および理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の中枢に GPU が利用されています。

マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。近年は、従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。今後は、「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス/ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界24ヶ国84拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。マクニカでは、社内カンパニー制を導入しており、クラビス カンパニーはそのうちの1カンパニーです。

会社としては来年で30年周年となる、ソフトウエア請負開発の会社です。その基板(技術の歴史)上にAI、データサイエンス、SLAM、ロボティクスと言った先端技術を組み合わせ、「使える先端技術ソフトウエアの提供」と言うミッションを軸に、これからの社会の課題解決に努めて参ります。

「ヒトとAI の共生環境の実現」を目指して、社会や暮らしの様々な場面において、AI による能力拡張を実現し、課題解決や効率化だけでなく、AI技術による喜び・発見・感動体験を提供することをビジョンに、最先端の深層学習技術をあらゆる人が自在に使いこなせるOSを含む統合AIプラットフォームの開発を行っています。

台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界26カ国96都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用PC、リモートI/Oモジュールや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、さまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 – が、我々Advantechの使命です。

You May Also Like

About the Author: Lenny Cherry