アドバンテックの LoRaWAN ソリューション、2021年度台湾エクセレンス賞を受賞

産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下アドバンテック)は、2021年度 台湾エクセレンス賞 を受賞いたしました。自社製品機器の『WISE-6610 LoRaWAN ゲートウェイ』と 『WISE-2410スマート振動センサー』の優れた無線機能、およびが審査員より評価を受けました。これらのソリューションは、画期的なワイヤレス製品の開発が評価されました。

WISE-6610: 産業用 LoRaWAN ゲートウェイ

アドバンテックの WISE-6610 ゲートウェイは、最大500個のセンサに接続し、リモート・リアルタイム・コントロールやモニタリングを可能にします。このゲートウェイ機器は、3G/LTE または有線イーサネット接続を介して、データ収集、コンピューティング、分析などの用途のため、クラウドプラットフォームとの間でデータの送受信を行うことができます。このソリューションは、低消費電力で広い伝送エリアを持つため、地理的な境界線を越えたアプリケーションに最適です。WISE-6610 を導入することで、異なる場所から中央のコマンドセンターへのデータ転送が可能となり、スタッフは即座にリモートで集中監視を行うことができます。

WISE-2410: LoRaWAN スマート振動センサ

アドバンテックの振動センサ:「WISE-2410」は、固定機器やモバイル機器の24時間365日のモニタリングとデータ収集を可能にします。WISE-2410 は、ISO 10816-3 規格や振動特性値に対するRMS速度や固有値の相互比較により、モーター駆動の機械装置の運転状態を推定することができます。生産ラインの機器の健康と状態をプロアクティブに追跡し、予防メンテナンスを計画し、不必要なダウンタイムを防ぐことができます。アドバンテックの LoRaWAN ソリューションは、距離の制限を克服するため LoRaWAN 無線技術を利用することで、洪水や災害などの遠隔地への現場監視や、極端な温度や高湿度などの過酷な現場環境でのアプリケーションの制御と管理を支援します。これらの機能により、ユーザーは監視効率を最大限に活かし、生産性を高めることができます。


2021年度:台湾エクセレンス受賞製品のご紹介


WISE-6610 LoRaWAN ゲートウェイ



WISE-2410 LoRaWAN 振動センサ


You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です