アドバンテック、パンデミック対策としてフェイスマスクの大量生産を安定して高速化させる製造事例を実現

COVID-19の発生により、より高い緊急対応に向けた技術統合のペースを加速

COVID-19 のパンデミックは、生活の多くの面で高度な技術支援の需要を生み出しました。COVID-19 の危機の間にカスタマイズされた要件は、短い時間枠内で満たされる必要があります。このパンデミックに直面して、変化する世界での適応をより良く管理するために、いくつかの最近の技術トレンドが加速します。

インテリジェントな技術と IoT ネットワーキングを含む「インダストリー 4.0」をベースとしたアプリケーションにおける今後の革命が焦点となります。外部の物理的な代理店への依存を減らし、管理と処理に関する精度を高めることで、技術的なデバイスは効率的な管理プロセスを維持しながら、不足分を補うことができます。

ボランティアが生産ラインをマスク製造センターに変身

コロナ発生直後、アジアの某大手企業が COVID-19 との戦いに参加することを決めました。彼らは、大きな利益を生み出していた生産ラインを停止させ、生産能力を個人用防護具(PPE)に転換しました。この場合、顧客の第一の目標は、マスクの生産能力を1日あたり500万枚以上実現させることでした。この目標を達成するために、エンジニアリングスタッフは、技術支援のためにアドバンテックや他の機器メーカーに連絡を取ることを決定し、生産ラインの転換の可能性を即座に評価しました。

克服するための障害

マスク製造装置の構築に必要な部品は比較的単純で、マスク製造装置からなる生産ラインのシステムは比較的管理が容易でした。しかしその一方で、生産能力を向上させるための大規模な生産ラインの拡張には、経営の複雑さを乗り越える必要がありました。

デバイスの要件を満たす

生産ラインでは、7~24時間の無停止生産が求められるため、安定した信頼性の高い稼働状況を維持することが同企業にとっての最大の関心事でした。装置が故障&停止するたびに、時間内に十分な防疫材を供給するという目標から一歩後退することになります。このような事態を避けるためには、長期運転による機器の故障の可能性を低減する産業用通信機器の採用が不可欠でした。


アドバンテックの提案:リアルタイム集中管理のためのインテリジェントなネットワーク接続システム

前述した1日あたり500万個の生産目標を達成するため、エンジニアリングスタッフは生産ラインの変革計画についてアドバンテックのサポートチームと何度も議論を重ねました。関連するパラメータに基づいて、アドバンテックは、インテリジェントなネットワーク接続の仕組み作りが、この目標と生産性を達成するために不可欠であると結論付けました。問題に取り組み、要件を満たすため、アドバンテックは『インダストリー 4.0』ベースの製造システムを整えることで、マスク製造機のオペレーションを管理するためのネットワーク化されたシステム構築を提案しました。

EKI-2000シリーズのアンマネージドスイッチによるマシン(機械)ネットワークの構築

アドバンテックの産業用アンマネージドスイッチ機器は、データ処理システムを相互接続する最初のリングとして配置されました。このシリーズのうち「 EKI-2525 」スイッチを、各マスク製造機のデータを実行システムにアップロードさせるため、大量に設置されました。

アンマネージド産業用イーサネットスイッチは、5~24個の10/100/1000(オプション) Mbpsイーサネットポートと、選択可能な1~4個のファイバーポートを備えており、各機械内に埋め込まれた複数のデバイスに接続することができます。このデバイスは、複数の取付方法(DINレール/ウォール/ラックマウント)と12~48VDC冗長電源入力に対応しており、工場での設置に最適です。頑丈な設計かつ、温度範囲も-40℃から75℃まで中断することなく動作できるため、さまざまな現場環境でも安心して適用できます。

アドバンテックのEKI-2000シリーズは、イーサネット接続に最適な製品です。その超薄型IP30メタルケーシング設計は、高いセキュリティレベルで連続的なデータ伝送を迅速に実現する高い信頼性を提供し、イーサネットソリューションに向けた理想的な選択肢となっています。詳細を読む

EKI-7000シリーズのマネージドスイッチで、冗長化機構を備えたネットワークバックボーンを提供

アドバンテックのマネージドイーサネットスイッチは、堅牢な産業用グレード設計のほか、ユーザーが迅速かつ効率的に現場のネットワーク拡張を可能させた信頼性と安定性を保証したネットワーク管理機器です。このほかにもアドバンテックのマネージドイーサネットスイッチ、ファイバースイッチ、ルータスイッチは、SNMP、PROFINET、Ethernet/IPなどの多数のネットワークプロトコルと同様に、高速なイーサネットとギガビットコンボポートを提供し、産業用IoTアプリケーションを対象にした重要な通信の相互運用性の達成を支援します。詳細を読む

WebAccess/NMS により、リモートでのネットワーク集中管理が可能

アドバンテックの WebAccess/NMS は、ネットワーク管理システム(NMS)のためのWebブラウザベースのソフトウェアパッケージです。アドバンテックの WebAccess/NMS は、すべてのイーサネット対応アドバンテック製品とサードパーティーのデバイスを管理するためのSNMPおよびICMP通信規格で設計されています。 WebAccess/NMS は、ユーザーにネットワークをリモートで監視・管理するための使いやすいプラットフォームを提供します。WebAccess/NMS は、産業グレードの集中型ネットワーク管理を可能にし、IPベースのネットワークを介してデバイスを監視、設定、保守するために開発された合成プラットフォームです。WebAccess/NMS には、デバイス管理、アラーム管理、効率管理、トポロジー管理、システム管理が含まれています。詳細を読む

パンデミック後の技術環境の将来の方向性を形成する産業エコシステム

この某企業のお客様の技術スタッフ、我々アドバンテック、そしてその他の機器メーカーの共同作業により、1日500万個のマスク製造生産ラインが実現し、現在も正常に稼働しております。

全員が参加し、アドバンテックの経験豊富なチームは、IoTテクノロジーの開発への重要な貢献が認められました。 アドバンテックのソリューションは重要なニーズを満たしただけでなく、パートナー企業と協力することで、緊急性の高いこのコロナ感染拡大というパンデミックとの戦いにおいてに重要な貢献をしました。

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です