アドバンテック、Sler 企業と共同でマグロ缶詰工場のスマート工場化へ、第1歩の踏み出しに成功

缶詰工場の生産ラインに近づくと、現場のモニターにはリアルタイムで稼働している様子が数字とグラフで鮮明に表示されてました。現場モニターには、工場内の全設備のデータだけでなく、各生産ラインの機械の状態や能力も表示されております。インドネシアの Sler 企業:Eforel 社が導入したシステムは、データの蓄積・分析と生産報告書の作成を同時に行い、総合的なモニタリングにより工場の稼働率を最適化し、納期の改善、顧客の利益と生産能力の最大化を実現させております。

アドバンテックのスマート製造アプリケーションのローカライズ戦略により、上記のようなシーンは多くの工場で見られます。インドネシアでは、このマグロ缶詰工場におけるスマート工場化への第1歩として、前述した Eforel 社とアドバンテックが共同で開発したリアルタイム制御とデータ解析ソリューションを導入し、生産能力を高めることに成功しました。

リアルタイム監視で生産ラインにおける『痛み』のポイントを解決

食品・飲料業界は他の多くの業界よりも早く自動化生産設備を導入しており、Eforel 社のクライアントも早くから自動化システムを導入していましたが、その主な機能はツナ缶の生産を自動化することのみでした。機械のダウンタイムや生産能力の計算、報告書の作成などの管理業務はすべて手作業で行われていたが、これには思わぬデメリットがありました。報告書を作成を手作業で行っていたため、設備の記録が不正確で、ヒューマンエラーも頻発に発生しておりました。たとえ生産記録が正確に表示されていても、管理者側は古くなった報告書を見直すだけで、その時点ですでに修正の時期を過ぎていたので、工場の効率化にはほとんど効果がありませんでした。そのため、日本の大元企業は、スマートな製造ソリューションを導入することで上記の問題に対処したいと考え、Eforel 社にアプローチしました。Eforel 社は、アドバンテックのDFSI(ドメインフォーカス型システムインテグレータI)であり、輸送、エネルギー、鉱業、自動生産などのアプリケーションに特化した経験豊富な産業用オートメーション・ソリューション・サプライヤーであり、このインドネシア国内のツナ缶工場へのサービス提供に最適な候補者でした。同社の CEO である Hanggar Cahya Kusuma 氏は、「アドバンテックは、我々が注力している4つの産業市場のニーズを満たすために必要な産業用オートメーション製品を持っているため、クライアントの要求を毎回満たすためのソリューションを迅速に提供することができました」と指摘しています。日本のツナ缶工場の場合、リアルタイムの設備監視システムを構築するために、同社はアドバンテックの MIC-7700 コンパクトファンレスモジュール化システム、WebAccess/SCADA ブラウザベースのソフトウェア、ADAM-6051 産業用イーサネットリモート I/O モジュールを Eforel 社の生産ラインモニタシステム(PLM)に統合しました。ADAM-6051 は生産機械に接続され、データ収集モジュールとして機能し、3KHz のパルスカウントレート入力に対応し、リアルタイムの生産ラインデータを収集して MIC-7700WebAccess/SCADA に転送します。 MIC-7700 はリアルタイムでデータを処理し、高解像度ディスプレイに接続することができます。WebAccess/SCADA は、直感的な管理ダッシュボードを提供し、生産データの全体的な分析と可視化を行うことで、管理者は工場全体のリアルタイムの状況を包括的に把握することができます。さらに、WebAccess/SCADA のオンラインアクセスにより、監督者はブラウザ対応のデバイスから管理ダッシュボードにログインし、リモートで生産ラインを監視することができます。同氏は、「アドバンテックは常に研究開発に専念してきました。アドバンテックは常に研究開発に力を入れており、ソフトウェアとハードウェアの性能と信頼性の両方が高く評価されています。食品製造では、連続的な流れの製造方法を使用しているため、予期せぬダウンタイムが発生した場合、生産ライン上の半製品を廃棄しなければなりません。そのため、システムの安定性は食品工場にとって非常に重要です。アドバンテックの製品は、優れた性能を持っているだけでなく、Eforel 社のPLMに最高のサポートを提供するだけでなく、食品製造業のクライアントからの安定性の要件を満たしています。」と指摘されました。

インテリジェントプラットフォームがROIを向上

マグロ缶詰工場にリアルタイム監視システムを導入した結果は、Eforel 社のクライアントから高く評価されました。アドバンテックの製品と技術サポートは、プロジェクトにおいて重要な役割を果たしました。このスマートマニュファクチャリングソリューションを導入することで、お客様の生産品質と生産量が向上しました。ADAM-6051 のリアルタイムデータ取得機能により、生産ラインの稼働時間やダウンタイムを正確に記録するだけでなく、生産量や機械のエラーなどのパラメータも記録され、信頼性の高い産業用 Modbus 通信プロトコルを介して WebAccess/SCADA プラットフォームに送信されます。ツナ缶工場にはヨーロッパ製と日本製の自動生産機があり、これらは様々なプロトコルを使用しています。複数のプロトコルを統合することは、工場のアップグレードやデジタル化プロジェクトの主要な課題の一つです。アドバンテックのソリューションは、すべての異なる機械をシームレスに接続し、様々なプロトコルを統合し、生産データをデジタル化して監視プラットフォームに渡すことができました。管理者はリアルタイムでデータを取得し、状況に応じて必要な SOP を即座に実行でき、機械のエラーによる損害を大幅に減少させることができます。記録された生産データを分析することで、現場監督者はメンテナンス時間を短縮し、稼働率を向上させることができます。工場の管理者はまた、生産のボトルネックを特定し、より積極的で予防的な戦略を計画し、最終的には投資収益率(ROI)を最大化することで、情報をより良く利用することができます。

『Co Creation(共創)』でスマートマニュファクチャリングアプリケーションのローカライズを加速

ソフトウェアおよびハードウェア製品とは別に、Eforel 社は、アドバンテックの垂直市場に関する深い知識から恩恵を受けています。Hanggar Cahya Kusuma 氏は、次のようにコメントしています:「IoTは世界的なトレンドですが、さまざまな産業および商業慣行には、さまざまな専門的なソリューションが必要です。 さまざまなプラクティスのニーズを満たすために、アドバンテックはIoTプラットフォームを共有し、グローバルパートナーと力を合わせて共創戦略を実行し、広範なIoTエコシステムを実現しています。」

さまざまな専門分野のパートナーをつなぐことで、IIoT(産業用 IoT)の推進が強化されます。Eforel 社とアドバンテックは、マグロ缶詰工場プロジェクトの有望な結果を受け、DFSI 契約を締結することで協力関係を強化することを決定しました。将来的には、両社はインドネシアの様々な産業・商業分野のクライアントに、より多くのIoTソリューションを提供していきます。例えば、同社が電力やエネルギーアプリケーションのプロジェクトを持っている場合、アドバンテックのIoTエコシステムを通じて専門的なサプライヤーを調達し、クライアントの特定のニーズを満たすソリューションを構築します。さらに、Eforel 社は、スマートアプリケーションのローカライズを加速するために、より多くの産業用 APP(I.APP)を開発するために、アドバンテックのプラットフォームとリソースをより活用していきます。

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です