変電所SCADAシステムの連携を支援(米国)

プロジェクト課題

アリゾナ州にあるソルトリバープロジェクト(SRP)社は、成長を続けるアリゾナ州フェニックス大都市圏の多くに電力を供給しています。 電力は、原子力、水力発電、石油、石炭、天然ガスの各プラントと再生可能エネルギーの組み合わせによって生成されます。 電力網が拡大するにつれて、さまざまなベンダーのさまざまなSCADAシステムを使用する変電所が追加されます。

各ベンダーは独自の回路を実装し、RS-485ポートの配線、接地、バイアス、および終端の方法について独自の推奨事項を作成しています。 当然のことながら、通信の不具合は誤ったデータエラーやトラブルレポートの継続的な原因であり、実際の変電所の問題を隠蔽する脅威となっていました。

ソリューション

アドバンテックは、RS-485アプリケーションのコンセプトを見直し、SRP社のエンジニアやフィールド技術者と作業協力するため、エンジニアを派遣しました。トラブルの原因を突き止めるため、終端やバイアスの微調整を行い、その結果を観察しました。アドバンテックのモデル:『BB-485DRCI』は、RS-232からRS-422/485への3ウェイ絶縁型コンバータで、その切り替え可能なバイアスと終端抵抗でタスクを容易にしました。スコープのデータはすぐに、マルチドロップRS-485システム上のリレースレーブノードがポールへの応答に一貫性がないことを示しました。ランダムな遅延がバスの競合を引き起こしていました。リレーメーカーへのフォローアップコールにより、ソフトウェアが更新され、問題が解決しました。

アドバンテックが選ばれた理由

  • シリアル通信のグローバルエキスパートとして、アドバンテックは、見つけにくい現場の問題についてSRPに相談し、顧客が期待する以上のサービスを提供することができました。
  • バイアスと終端機能を切り替え可能にしたことで、通信エラーを排除するために、インフィールドの調整とテストを行うことができました。
  • 通信ポートと電源のトリプル絶縁は、どこでも迷走電流が発生する可能性のある電力ユーティリティアプリケーションに最適です。
  • 本件で導入したモデル機器:『BB-485DRCI』の広い温度定格は、屋外の電力ユーティリティ温度の極端かつ長期的な信頼性を提供します。

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です