アドバンテック、IoTエッジアプリケーション向け小型高性能コンピュータ「UNO-238」を発売

産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下アドバンテック)は、コンパクトなIoTエッジコンピュータ「UNO-238」を発表します。最新の第8世代インテル® Core® iプロセッサを搭載したUNO-238は、最適化されたコンパクトなフォームファクタで、競争力のある低価格にてコンピューティングソリューションを提供します。

高性能コンピューティング第8世代アプリケーション向けに設計された UNO-238 は、前モデルと比較して最大50%のパフォーマンス向上を実現しています。UNO-238 は、3.5インチのコンパクトなHDサイズとスワップ可能なRAMを搭載し、柔軟性とメンテナンス性を向上させています。また、デュアルM.2拡張対応の 32GB eMMC ストレージを内蔵し、多様なIoTアプリケーションへの迅速な展開を可能にします。さらに、電源にはロック可能なネジ式 DC ジャックを搭載し、安定した信頼性の高い動作を実現しています。全体として、UNO-238 は信頼性の高いエッジコンピューティングソリューションを提供し、セミインダストリアルでありながらコスト効率の高いコンピューティングソリューションを必要とするITレベルのアプリケーションに理想的なプラットフォームとなっています。

コンパクトなフォームファクタでコンピューティング性能を向上

UNO-238は、高負荷作業やマルチタスク作業に対応したハイパフォーマンスなコンピューティングを実現する競争力のある価格帯のソリューションです。第6世代インテル® プロセッサを搭載したUNO-2484Gモデルと比較して、UNO-238は第8世代インテル® Core® iプロセッサを搭載し、演算性能を最大50%向上させています。また、150×106×60mmのコンパクト設計(5.91×4.22×2.36インチ)で、従来モデルと比較して16%の小型化を実現し、設置スペースを節約しています。

Wi-FiおよびLTE用のデュアルM.2拡張スロット搭載、最適化されたI/O

ほとんどの工場での使用要件を満たすため、UNO-238 は GbE×2、USB 3.2×4、RS-232/422/485×2、GPIO×8、HDMI×1、DisplayPort×1 を含む複数のI/Oを提供します。USB 3.2 Gen 2 の搭載により、USB Gen 1 と比較して2倍の高速データ転送レートを実現し、優れたコンピューティングパフォーマンスを実現するための最適な効率性を提供します。さらに、IoT アプリケーションを容易にするため、UNO-238 は追加の LTE/Wi-Fi モジュールと統合し、M.2 2230 (E-key) と M.2 3042/3052 (B-key) スロットを介して接続性と通信性を向上させることができます。このシステムの汎用性の高い I/O は、UNO-238 がファクトリーオートメーション、プロセスオートメーション、製造実行システム(MES)操作などの多様な工場でのアプリケーション対応を保証します。

スワップ可能なRAMで柔軟な構成と統合を実現

UNO-238 システムは、多様な使用シーンに対応できるよう、RAMのスワップが簡単に行えるよう最適化された機械設計を採用しています。また、取り外し可能なヒートシンクを搭載しているため、筐体全体を分解することなく簡単に設置することができます。お客様の使用用途に応じて RAM 容量を選択することができ、高い適用性と統合性を実現します。UNO-238 は、ダウンタイムの削減とプロセス効率の向上を可能にする競争力のある価格と信頼性の高いコンピューティングソリューションを提供します。

主な特徴

  • 第8世代インテル® Core i プロセッサ
  • 2 x GbE, 4 x USB 3.1, 2 x RS-232/422/485, 1 x HDMI, 1 x DP, 1 x GPIO (8 bit)
  • コンパクト&ファンレス設計
  • スタンドマウント用ゴムストッパー、DINレールマウント用オプションキット
  • 無線通信を容易にするための拡張対応可能
  • 信頼性の高い電源供給のためのネジ式 DC ジャック

アドバンテックのコンパクトIoTエッジコンピュータUNO-238は、現在ご注文を受け付けております。この製品やその他のアドバンテック製品やサービスの詳細については、お近くのセールス・サポート・チームにお問い合わせいただくか、以下のリンク先よりご覧ください。

You May Also Like

About the Author: Ryoji.Urata

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です